「暗殺教室」第12巻を読みました

漫画の「暗殺教室」の最新刊が出ていたのでゲットしてきて読みました。

この漫画は少年ジャンプに週刊で連載されているので、だいたい2ヶ月に1回ぐらいの割で単行本の新刊が出ます。

もう12巻まで来たんですね。
殺せんせーやカラスマ先生、ビッチ先生、それに生徒たちなど、
主要なキャラクターはすっかりおなじみになって、見ているだけで楽しいです。


何よりも、主役の殺せんせーのキャラクターが可愛くていいですね。

わけわかんない生物である割には、教師としてはとてもまともな教育方針を持っているところがいいです。

はちゃめちゃなようでいて、けっこう教育的効果もありそうな漫画ですね。

今回は「死神」という新しいキャラクターが投入されています。

生徒たちと殺せんせーがピンチですが、これからどうなる?と、いいところで終わっています。

続きが読みたいですね。



Comments are Closed