ネックから編むニットの盲点

セーターなどを編むとき、一般的には前後身ごろと袖の4つのパーツを作ります。
そして、その4つをつなげるのですが、これが難しい。上手く袖山が合わなかったりして、プロの凄さを感じます。

パーツだけ作って苦手なハギを放置して、完成まであと1歩で止まってる作品の多いんです。

そんな自分にぴったりなのがネックから輪編みで編んでいくセーターです。


現在はまっていて、たしかにハギがないので、後々のことを考えて暗くなることもなく、楽しく編み進められます。

しかし、1つだけ困ったことがあります。袖部分をぐるぐると編むとき、
既に身ごろに繋がってるのでよじれを戻すのに、本体を回さないとならないんです。
ある程度袖に長さが出たら、袖の方を回せるんですけどね。

こういうことは、編みかた本などに書いてないんです。
やれば分かることで、それよりも書かなければならない情報があるのは分かるのですが、教えて欲しかったと思います。

今は、身ごろを程よい所で編むのを休ませて、本体が軽いうちに袖を編むことで少しだけ解消しています。



Comments are Closed